ある日のお昼ごはん


写真の食べ物、何かわかりますか?
餃子なんです。
上司が、宇都宮から餃子を買ってきてくれて、とあるお昼にホットプレートで焼いて食べました。まず、餃子を焼くにあたり「油を引き餃子をのせ水を入れるか」もしくは「水を入れ餃子をのせ油を入れるか」で討論となることに。ちなみに私は、先に油派ですが、ご家庭により色々と違うんだなあと思いました。まあ、結局はおいしく焼ければどちらでもいいということで落ち着き、今回は先に油を入れて焼くことに。
手際よく2人のお姉さま方が餃子を焼いてくださり、油を引いただけの私は、何かしないと・・・と思いながら自分の席とホットプレートのあたりを不必要にウロウロ、ウロウロ。でもこれって、ご馳走に群がるハエっぽい行動だなあと、はたと気がつき、おとなしく自分の席に着席することに。
待つこと5,6分。ジュー、ジューという音とともに、たまらなくいい匂いが・・・。
ちょうどよい具合に焼けた餃子をほおばると、皮はもちもちで、中身はジューシーでこの絶妙な感じがたまらなくおいしい!!この餃子は、ひとつがかなり大きくて5個食べればお腹いっぱいかなと思っていたけれど、あまりのおいしさに12個も食べてしまいました。5人で合計80個の餃子をぺろり。
宇都宮の餃子って、初めて食べたのですが、さすが本場ですねー、かーなーりおいしかったです。今度は宇都宮に行って、餃子ツアーをするのもいいかなと思いました。
これでビールが飲めれば最高ですね~

お花


いずみ台病院では、4月から外来の待合室と2,3階のナースステーション前にお花を置く事にしました。外来の待合室は切り花で、病棟はかごにアレンジされたお花を置いています。
患者様は、明るい気分で病院に来られる方はあまりいらっしゃらないと思います。そこで、飾ってあるお花を見ていただくことにより、少しでも気分を和ませていただければと思います。
私個人としては、お花が大好きなので部屋にお花があると、ぱーっと、明るい気分になります。私には、ひそかな夢があります。それは、年齢と同じ本数のバラの花束をもらうことです。早くしないと、片手では重くて持てなくなっちゃうよ~

横浜市泉区の病院『横浜いずみ台病院』のブログです